こまちとの出会い  その1

こまちがうちに来たのは、去年(2011年)の10月11日。

その日、私は仕事だったのだけれど、仕事中にやけに携帯に電話が入るので気になっていた。
もしや子どもに何かあったのでは・・・と気になって確認してみると、友達から。

「今、目の前に子猫がいるねん。どうする?」

どうやら母猫にはぐれた子猫がママを捜してウロウロしているらしい。
しかも、目やにがすごくて風邪をひいているらしい。
たぶん母猫に見捨てられてしまったのではないだろうか?!

ずーっと猫が欲しいなぁと私が言っていたのを知っていた友達が連絡してきてくれたのだ。

でも、仕事中だし、どんな猫ちゃんかも、どんな様子なのかもわからないまま、どう返事すればいいのか迷ってしまっていた。

友達のYちゃんはペット禁止のマンション住まい。
もう一人の、最初の猫発見のNさんは、すでに猫ちゃんを飼っているので引き取れない。

えーッ!!私がその猫ちゃんをいらないって言ったら、その子はどうなっちゃうの??
病気なのに、今見捨ててしまったら死んでしまうのはわかりきっている。
こうなったら私が引き取るしかない!

っということで、仕事が終わってから一目散で、Yちゃんの家に猫を引き取りに行き、
そのまま動物病院へ直行。

実は、私はキジトラの猫ちゃんが欲しかったのだけれど、その子は三毛猫。
っということはメスだから、ま、いいかな。
としても、目やにがすごい。
くしゃみもしている。大丈夫かしら?

先生の診立てでは4週間くらいとのこと。
450グラムぐらいだったかしら。

a0278632_2224158.jpg


それにしても、栄養状態が悪いせいか、尻尾の先のほうには毛がはえていない。
とってもきちゃないし、しらみの卵がたくさんついている。
風邪をひいているので、洗うこともできない。
しばらくは、段ボールに入れて隔離しておくことにする。


私は生まれてこのかた猫とか犬とかを飼ったことはない。
せいぜいセキセイインコとハムスターぐらいしか知らない。
何も知らない私に、Yちゃんがいろいろと教えてくれたのでした。


その2につづく
[PR]
トラックバックURL : https://avmozart.exblog.jp/tb/15379067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by komachimaman | 2012-05-22 22:27 | こまちとの出会い | Trackback | Comments(0)

三毛猫の小町とママの毎日


by こまちママン